ここから本文です

栄光への5000キロ (1969)

監督
蔵原惟繕
  • みたいムービー 19
  • みたログ 75

3.85 / 評価:40件

悪くはないがちと長い。

  • abu***** さん
  • 2013年6月19日 23時23分
  • 閲覧数 977
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

モータースポーツ好き、レース好きの方は
特段楽しく見れるのではないでしょうか。
個人的には、二人の恋愛のなんともいえない
カップル像が印象的でした。
お互い、当然愛し合ってはいるんだけど、
優子はいつもレースばかりで離ればなれになり、
心配ばかりしている身に疲れ、また自分の夢もあって、
彼のもとを去った方が良いのかと自問している。
五代もまた、彼女のそんな気持ちを知っていて、
自分もまた悪いなと思っているからか、
冷たいそぶりだったりする。
でもやっぱり愛し合ってる。そんな距離感。
そして、パートナーのマウラ、良き親友であり
よきライバルであるピエールなどの友情描写もやはり印象的。
この作品に対する、裕次郎の熱い気持ちもよく伝わってくる。
男のロマンみたいなものだから、こういうのはぜひ
作りたかったんだと思う。ただ、さすがに3時間は
長いというのが正直なところ。このシナリオなら
2時間でも全然問題ないと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ