ここから本文です

巨人の星 (1969)

  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.00 / 評価:3件

解説

 梶原一騎、川崎のぼる原作の野球劇画の名作『巨人の星』のアニメ映画版・第一弾。  相克を経て親友となった捕手・伴宙太とともに、甲子園大会を勝ち進む青雲高校野球部のエース・星飛雄馬。だが飛雄馬は先の試合で強打者・左門豊作と対決し、その結果、利き腕の指に相応の怪我を負っていた。マウンドに上がることさえ困難な飛雄馬。しかし勝負を望む宿命のライバル・花形満に応えるため、飛雄馬は割れた爪の血でにじむ白球を、必死に投げるのだった。  飛雄馬の青雲高校編をメインに、TVアニメシリーズの映像をまとめた再編集作品。とはいえ約1時間半にわたって、同シークエンスの山場である甲子園大会の話が語られ、見応えあるものになっている。併映作品は、東宝の合作SF海洋活劇『緯度0大作戦』。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ