女賭博師丁半旅
3.0

/ 3

0%
33%
33%
33%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • mal********

    3.0

    草薙幸二郎のヒゲが濃すぎて浮いてます。

    1969年に公開された江波杏子主演による「女賭博師」シリーズ第14作目です。 壺振り日本一の戦いに敗れた直後に謎の死を遂げた辰吉の娘の銀子(江波杏子)が、自身も壺振り日本一を目指しながら、父親の死の真相を探るというのが、本作のおおきなストーリーです。 その銀子を指導する鉄五郎(佐藤允)や、事あるごとに銀子を救う常男(藤巻潤)に助けられながら、銀子は父親を殺した犯人達を突き止めていくのですが、私自身こういった世界のしきたりなんか全く知りませんので、単純にどうして壺振りになりたいのかという疑問を抱いてしまいます。 これも「女賭博師」シリーズの定番的展開ともいえますし、目新しさはありませんが、それでも当時の空気を一変させる共演陣の存在感は、それを観るだけでも楽しいです。本作には佐藤允や内田朝雄、そして鈴木瑞穂といった良くも悪くも顔の濃い(失礼)、そして演技力抜群の俳優が映画に風格を添えています。 そのなかで銀子のライバルを演じた草薙幸二郎なんですが、やたら濃いヒゲが目立ちすぎて、彼が出演してるシーンはそのヒゲばかりに目が行ってしまいました。

1 ページ/1 ページ中