ここから本文です

やくざ番外地 (1969)

監督
西村昭五郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

2.50 / 評価:2件

実録・任侠路線の原点は日活

  • hi6***** さん
  • 2010年10月6日 23時46分
  • 閲覧数 256
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当に、この頃の日活ニューアクション・やくざ映画は
「仁義なき戦い」などの実録やくざ映画の原点であるとわかる作品である。
東映などと違って、任侠路線の映画がないので、基本アクション映画の
変形でやくざ映画をとっているので、戦いぶりが、生っぽいし、
下っ端やくざの生々しさ、生活ぶりなども人間ベースで描けているので
あるので東映の侠客ものとは違っている。
まあそういった人間ベースで良い面もあるが、結局、ヤクザ映画パターン
(良いやくざが殺されて、悪いやくざをやっつけにいく浪花節)が陳腐で
佳作にはならない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ