ここから本文です

尻啖え孫市(しりくらえまごいち) (1969)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 3
  • みたログ 25

3.63 / 評価:8件

解説

 司馬遼太郎の同名小説を菊島隆三が脚色し三隅研次が監督。撮影は宮川一夫、音楽は佐藤勝が担当した。日本最強の鉄砲集団を率いた雑賀孫市の半生を描く。  織田信長が治める岐阜の城下町に、日本最強の鉄砲集団・雑賀衆の頭目である雑賀孫市が現れる。噂を聞きつけた信長は木下藤吉郎に孫市の素性を探らせ、彼が京で見初めた女を捜すために来たことを知る。信長と藤吉郎にだまされ浅井長政との戦に参加させられた孫市は、わずか五人の手勢で短時間に城を攻め落とすことに成功。しかし自分がだまされたことを知り、信長と袂を分かつことを決意する。やがて彼は堺で運命の女性と再会するが、彼女は信長の敵である本願寺の信徒だった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ