ここから本文です

緋牡丹博徒 鉄火場列伝 (1969)

監督
山下耕作
  • みたいムービー 0
  • みたログ 31

3.63 / 評価:8件

妖艶さ切なさかっこよさ

  • shiba64 さん
  • 2010年7月22日 0時41分
  • 閲覧数 513
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ6作目。
監督は1作目以来の山下耕作「将軍」
過不足のないカット割の冴えは流石としか言いようがありません。

脚本が笠原和夫さんと則文さん、
うがった見方かもしれませんが、笠原さんの筋を通すところと則文さんの破天荒なところがミックスされた際どくも絶妙なシナリオだと思います。

お竜さんの妖艶さ切なさかっこよさは相変わらずですが、今回のもう一人の主役は鶴田浩二でも若山富三郎でもなく、待田京介さんです。
美味しいところは丹波さんが持ってきます。

任侠映画を見て泣けてくるってのは年喰った証拠のような気もしますが、年喰って楽しめる映画が増えるのは悪いこっちゃ無いと自分を慰める今日この頃です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ