ここから本文です

涙でいいの (1969)

監督
丹野雄二
  • みたいムービー 3
  • みたログ 10

2.50 / 評価:4件

謎のミュージカルシーンがあります。

  • mal***** さん
  • 2016年4月12日 11時20分
  • 閲覧数 214
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1969年に公開された歌謡青春映画です。

そうです、この当時の日本映画はヒット曲をそのままタイトルにして作られた映画が結構多かったんですよ。なので当然ながらその曲を歌う歌手も普通に映画の中に登場して演技も披露することもあります。本作の場合は黛ジュンが主人公の友人役として出演して、しっかり自分の持ち歌を数曲歌っております。

牧場経営をめぐる姉妹の対立や、ヒロイン役の松葉智恵子の恋の行方なども描かれてますが最終的にはハッピーエンド。登場人物たち全員がいい人なので、その意味では安心して鑑賞できますが、展開としては至って普通の青春映画です。

ただ数分おきに誰かが歌うシーンが挿入されるのは仕方ないにしても、突然「ウエストサイド物語」っぽいシーンが登場。ここだけは映画全体からしても、かなり浮いております。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ