嵐の勇者たち
2.8

/ 11

9%
18%
36%
18%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(6件)

かっこいい20.0%楽しい20.0%かわいい13.3%ゴージャス13.3%悲しい6.7%

  • stanleyk2001

    3.0

    日活オールスター競演

    石原裕次郎と渡哲也が対決!「マジンガーZ対グレートマジンガー」みたいな夢の競演! 大物ギャングの妻に収まったデザイナー浜美枝を結婚式場から渡哲也一味が誘拐!元刑事で実は泥棒一味を率いる裕次郎が救出を請け負う。 冒頭の結婚式の場面から2つのグループが浜美枝と彼女が身につけている宝石を狙ってぶつかり合う。この導入部は良くできてる。ボンドガール浜美枝さんはゴージャスだ。 清楚な吉永小百合が2番手ヒロイン。その仲間の山本陽子や梶芽衣子!日活オールスター競演。しがない探偵宍戸錠。あれっ小林旭がいないぞ? 俳優達が劇中でセンチな歌を歌うのが日活らしい。 藤竜也さんが若手なんだからなー。郷鍈治さんは精悍な肉体美を披露して内田良平さんは屈折した名演技で涙を誘う。 渡哲也さんは血気にはやり裕次郎さんがスマートにおさめる。当時の映画ファンの喜ぶツボを押さえたスタア映画。こういう映画がお金を稼ぐから映画会社は成り立っていた。幸せになったミーちゃんハーちゃんに感謝しなくては

  • ジグマ

    4.0

    映画の始まりのブザーが鳴り

    画面が真っ暗のまま 裕次郎の歌が流れます なかなか画面が明るくならない アレ?映写機の故障か? ワンコーラス歌い終えたとこで 画面が明るくなってタイトルへ オイオイなんでこんな作り方するんだろ と当時映画館で見た印象だった さて 見応えのあるシーンといえば 船内での裕次郎と渡の格闘シーンのみ 裕次郎ファンならちょっともの足りない感じ… 浜美枝のサングラス姿には さすが笑いました

  • pj2********

    2.0

    嵐の勇者たち

    1970年の正月映画。配役はアキラ/英樹以外のオールスター共演豪華キャスト。それにしても裕次郎の肥満体には驚くばかりで醜い、往年の面影さらに無し。桝田監督のテンポはよいが悪役が内田良平と柳英二朗だけでは物足りない。浜美枝の悪女もとってつけた様でピーンと来ない。もう日活映画はダメだと確信、気分の悪い作品である。

  • いやよセブン

    3.0

    男優過剰

    日活の男優総出演、女優は東宝から浜美枝を借用したアクション映画。 悪い社長が子供のような女(浜美枝)と婚約するが、お披露目パーティで誘拐されてしまう。 実は二つのグループがバッティングしていた。 宝石を狙ったグループは石原裕次郎、二谷英明、浜田光夫たち、身代金狙いの方は渡哲也、藤竜也、和田浩治たち。 女を連れてきたヨットにはちゃっかり三人娘(吉永小百合、山本陽子、梶芽衣子)がいた。 宝石が贋物だったため話はややこしくなる。 社長のボディガード役の内田良平はおいしい役どころ。

  • jig********

    3.0

    ルパン的な何か

    大金持ちのおっさんの結婚式に集まる 怪しげな野郎たち、彼らが狙うは時価1億円のネックレス。 闇にまぎれて奪われたネックレス。 と同時にさらわれる女性、 別々に奪われた二つのお宝を最後にゲットするのは 果たして誰だ!? 大体こんな感じというあらすじですが、 前半の雰囲気は大物らが集い、いい雰囲気で進みますが、 後半は失速というか大味すぎてもうひとつという印象。 それでも個人的には石原裕次郎氏と渡哲也さんの共演 という部分で心躍りました。 ついでに吉永小百合さんも出演しています。 なんだろう、彼女が出ているだけでテンション上がるって これって恋? 冗談はさておき彼女の姿を見つけただけで嬉しかったりします。 1億円のネックレス(宝石だったかな?)を取り戻すのに 5千万払って仕事を依頼やら、女性を奪還のための身代金が5千万だとか、 とにかくお金がらみであちこちの人物がからんできまして、 銃撃戦も発生。ここはいったいどこの国? という展開だったりしますが、 「西部警察」に慣れ親しんだ身としてはこれくらいの銃撃戦、 むしろもっとやってちょーだいです。 団長(役名忘れましたが、渡さんの役)はライフルで撃ちまくるし、 敵はヘリから手榴弾で爆撃してくるわ、 ボス(こちらも役名忘れたけど、裕次郎さんの役)も 拳銃で応戦と後半のシーンは「西部警察」を彷彿とさせる 荒っぽい展開ながらも時代を感じさせる熱さがあります。 敵の腹心みたいな男がマシンガン持ってるというのも、 なんだかすごいのですが、 彼はそれで狙い撃ちできるという、 すごいのかありえないのかという腕の持ち主。 さらわれた女性との間でなんかいい雰囲気あったので、 彼と彼女の関係をもっと掘り下げたら 作品として別の盛り上がりをみせたような気はします。 梶芽衣子さんも出ていまして、 黒髪ロングがすごく魅力的でした。 なんだろう大人の色気みたいな何かを感じたのですが、 出番がほとんどないという・・勿体無かった。 宍戸錠さんも出ていて、 これは熱い戦いが期待できるか!?と期待しましたが、 ちょい出のお調子キャラみたくなっていて残念。 序盤のパーティーシーンで、 エレクトーン奏者が”反逆のメロディー”なる曲を弾き、 それぞれの主だった登場人物らを映し出すあたりは 非常にかっこよくて、 これから何か起きるという期待高まるいいシーンだと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


石原裕次郎島地陶介
二谷英明神崎明
渡哲也唐沢恭
藤竜也太郎
内田良平浅見真吾
柳永二郎生駒正光
浜美枝志摩亜紀子
宍戸錠大門五郎
岡田真澄司会の男
青木伸子エレクトーン奏者
谷村昌彦中年男

基本情報


タイトル
嵐の勇者たち

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル