レビュー一覧に戻る
男はつらいよ フーテンの寅

izq********

2.0

ネタバレ寅さんのお見合いと温泉旅館番頭

シリーズ第3作。前半は寅さんの見合い話しだが、知り合い女性だったという流れは面白味はいまいちだった。後半は温泉旅館で美人女将に惚れる話しだが、女将との絡みより女将の弟と芸者の色恋への介入がメインでこちらも少々面白味には欠けた印象。 総じて、赤の他人に対する寅さんの面倒見のよさが描かれた作品。 マドンナは落ち着いた美人女将役の新珠三千代。ちょっと寅さんとは釣り合わん感じだった。 タコ社長のツテで寅さんが見合いすることになる。しかし見合い相手は、浮気した亭主に捨てられた知り合いの女性であった。しかも身籠っており、寅さんは早速亭主を見つけ出して二人の仲をとりもつ。そして二人の復縁の宴会やら何やらで、とらやの金を散財しておいちゃん、おばちゃん、博らに散々責められ家を飛び出してしまう。 一ヶ月後、おいちゃん、おばちゃんが湯の山温泉を訪れると、その旅館で美人女将志津に惚れて居着いてしまった寅さんが番頭として働いていた。 寅さんは芸者の染奴と志津の弟信夫の痴話喧嘩に介入。信夫とやり合い橋から落ちて脳震とうで志津から看病受けたり、身売りされる染奴と信夫に駆け落ちさせたり。 一方で志津は旅館を閉じて、恋人の大学教授との結婚を考えていたが、なかなか寅さんには言い出せず。旅館の従業員から話しを聞いた寅さんは、志津に別れも告げずに旅館を去る。 ラストは年末年始にとらやの面々がテレビ中継で元気にバカやってる寅さんの姿を見つけるシーンで終幕。

閲覧数132