ここから本文です

豹<ジャガー>は走った (1970)

監督
西村潔
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.00 / 評価:2件

加山雄三の動きが重すぎます。

  • mal******** さん
  • 2013年8月13日 16時33分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1970年に公開された、加山雄三が刑事、田宮二郎が大統領暗殺を命じられた殺し屋を演じて展開されるアクション映画です。

当時なら、この二人の共演はかなり話題になったと思いますし、今では実現不可能な二人の共演作という意味でも本作は貴重だと思います。

殺し屋を演じた田宮二郎は動きがシャープで、見た目もクールな感じがして、なかなかのはまり役だと思います。ですが、対する加山雄三が”若大将”時代に比べてドッシリ感が増して、アクション映画のスピード感が失われた気がしました。

それと同時に、映画自体も当時の世相を反映したような重さが漂いはじめ、痛快な映画を期待していたのに、シビアなクライマックス&ラストは少々意外でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ