ここから本文です

無頼漢 (1970)

監督
篠田正浩
  • みたいムービー 7
  • みたログ 46

3.62 / 評価:21件

大江戸あばんぎゃるどでございます♡

  • bakeneko さん
  • 2015年2月26日 16時46分
  • 閲覧数 1453
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

天保時代を背景にした、2世松林伯円の講談『天保六花撰』を脚色した、河竹黙阿弥の明治初期の歌舞伎狂言“天衣紛上野初花”を、寺山修司が脚色し、篠田正浩が監督した作品で、六歌仙を、
片岡直次郎: 仲代達矢
三千歳 :岩下志麻
丑松: 小沢昭一
河内山宗俊 :丹波哲郎
森田屋清蔵: 渡辺文雄
金子市之丞: 米倉斉加年
が怪演している他に、
直次郎の母親おくま :市川翠扇 (何とトップレスヌードも!) 、
水野越前守: 芥川比呂志 (不気味さが素敵!)
松江出雲守: 中村敦夫(好色バカ殿を真面目に演じています)
宮崎数馬: 蜷川幸雄 (生真面目な忠臣役)
北村大膳: 垂水悟郎
浪路: 太地喜和子(清純な娘には見えないけどなあ~)…らも次々と出てきますし、寺山の一座もいつもの寄り合い怪演を見せてくれます。

人工的なセットと歌舞伎メイク、凝った色彩が乱舞する―歌舞伎映画の怪作で、近松門左衛門作の人形浄瑠璃に材を採った「心中天網島」と同様のスタイリッシュさと、現代解釈脚色による変容が見所となっています。

オリジナルの歌舞伎狂言を知っていることが前提で、寺山&篠田流解釈を愉しむ作品で、歌舞伎メイクは現代のパンクファッションに通じるクールな魅力を頌えていることを再認識できますよ!

ねたばれ?
1,国際映画祭に出展された際の本作の英語題名は“The Scandalous Adventures of Buraikan”であります。
2,で、どこから花魁遊びの大金を調達したのかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ