やくざ絶唱
3.6

/ 11

18%
36%
36%
9%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

かっこいい10.5%勇敢10.5%不気味10.5%泣ける10.5%切ない10.5%

  • kin********

    4.0

    ネタバレ勝新は不滅だ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ine********

    4.0

    ネタバレ兄と妹の戦い そして田村正和さん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jir********

    5.0

    迫力満天!

    凄い迫力に驚いた‼小津安二郎が生まれた地の深川から、さらに勝新というこんな凄い役者が誕生していたとは下町おそるべし! 妹に恋愛の情を抱くと言うのは現代の方が通用しそうな設定で、シナリオを少しいじれば大ヒットになりそうな予感がする。 勝新はオチに興味がないのかいつも、物語を終える為だけに突然終わるのがもったいない。

  • dqn********

    4.0

    怒涛の近親相姦的愛憎劇

    やくざの兄と高校生の妹の近親相姦的愛憎劇。兄に勝新太郎、妹に大谷直子。 「盲獣」「女体」などアヴァンギャルド路線突入中の増村監督、その勢いは本作でも発揮。血の繋がらない妹を溺愛する兄・立松、ヤクザの兄に反発する妹・あかね、2人が見せる怒涛の感情表現。 勝新のマッドな狂犬ぶり、それと張り合う大谷直子の奮闘がすごい。妹可愛さのあまり、近寄る男は弟分でも叩きのめし、自分の女でも容赦しない勝新。女を無理やり抱こうとする場面など目を背けたくなるほどの荒々しさ。 一方、兄を軽蔑する妹・大谷直子は、無表情でセリフ棒読みの増村節全開。兄への面当てから無理に男に抱かれたり、お妾になろうとしたりと、行動がどんどん極端になっていく姿は、最後には失笑寸前となるが、それ以上に増村監督の気合の演出にのまれてしまう。 立松が刑務所に入るあたりから、あかねが話の中心に。裕二(田村正和)との仲を深める中盤以降が特に面白い。終盤のあかねの極端な感情の動きはまさに増村調(結婚を認めない兄に対して、裕二に兄を殺してと頼んだり、裕二が拒否すると、一転、裕二を追い払い兄と無理心中しようとしたりと、もうすごい振幅)。 そしてその過激さの中で単なる凶暴な男にしか見えなかった兄が、妹のために刑務所に入ったり、最後には裕二との結婚を認めたりと、実は彼なりに妹を思いやっているのが見えてくる。ラスト、裕二に妹を幸せにしろと言い残し、敵対ヤクザのもとに向かう姿にはグッときた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
やくざ絶唱

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル