反逆のメロディー
3.5

/ 13

8%
46%
31%
15%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(6件)

かっこいい20.0%切ない20.0%勇敢10.0%パニック10.0%泣ける10.0%

  • go5********

    4.0

    昭和ローカル的リアルさあり

    ボートレース場があって、海の近くの広大な赤土の埋立て地では大きな工場作ってて、その荒野のような土地に風俗やスナックやドライブイン喫茶が建物側面のコンクリート剥き出しにポツンポツンと建ってて殺風景極まりないのに妙に不穏な活気がある。 昭和ローカルで子供のころ見た風景がまた見れた。 ベタなヤクザ映画的ストーリーだが時代性もプラスされていて不穏な活気の中身も少し体験できた。 当時ドライブイン喫茶で父に食べさせてもらったお子さまランチは美味しかった。

  • kun********

    4.0

    東映でも東方でも松竹でもない

    日活のヤクザ映画 兎に角センスが異なる スタイリッシュさが光る まずもって 素肌にGジャン ジーンズに無造作ヘア グラサンの似合う原田芳雄がどうみてもこの年代のヤクザに見えない 原田芳雄だけで画がパツッと決まってる このカッコよさは松田優作と双璧なんじゃないだろうか そして脇を固める地井武男と藤竜也のトリオが様になる 地井武男は速攻退場したの草だったけど 地井武男いいね 沖縄やくざ戦争のインテリヤクザが嵌り役だったけど本作品の熱い役も悪くない 日活映画ってあんまりみないんですがこの作品はよかったですね 一時間半未満というコンパクトさも手軽に見れていいと思います

  • moo********

    4.0

    地井インザハウス

    原田芳雄の格好良さは当然の事、この映画で特筆すべきは散策おじさんこと、地井武男の愚直なまでの男臭さ! ここで見られる彼のどうしても滲み出てしまう人の良さが奇跡的にマリアージュした、時代遅れの優しき仁侠人。 美学、アウトロー、バイク、暴動。70年代日本のさらば青春の光。

  • mal********

    3.0

    佐藤蛾次郎が2曲歌ってます。

    1970年に公開された日活のアクション任侠映画です。 任侠映画と言っても主役の哲を演じる原田芳雄はロン毛にサングラス、そしてジーパンという風貌が従来の任侠映画と違った印象を与える異色作です。 仲間を殺された哲が藤竜也演じる滝川と共に復讐を果たすという設定は、任侠映画の定番あるいは鉄板のストーリー展開ですが、曽根晴美(男優さんですよ)や青木義朗、そして地井武男といったアクの強い俳優達の存在感が華やかでした。 なかでも自分が乗っているバイクよりも小さく、どこで入手したかわからない大量のダイナマイト投げ放題、おまけに甘い歌声で2曲も劇中で歌っているゲバ作(時代を感じる強烈な役名です)を演じた佐藤蛾次郎の破天荒ぶりが面白いです。ある意味このゲバ作(しつこいようですが強烈な役名ですな)が主役の映画と言ってもいいのではないでしょうか? まあ、いくら異色の任侠映画と言っても、一般人には理解困難な世界の理不尽さを描いているため、それほど爽快感はありません。ですが「男はつらいよ」シリーズの佐藤蛾次郎しか知らない人は、是非とも本作を観ていただいて、佐藤蛾次郎の魅力を味わってもらいたいと思う所存であります(別に私は佐藤蛾次郎のファン・クラブの人間ではありませんよ)。

  • hir********

    4.0

    いつでも逢える

    どもっ!今晩わ! 今は亡き名優・原田芳雄に逢いたくて、そのデビュー作をレンタルしてきました。 「反逆のメロディ」1970年作品。 映画って、イイですよね。 現在、この世にいない人も、映画の中では、生き生きと動き、笑い、話かけてくる。 原田芳雄は、デビュー作から「原田芳雄」でした。 地井さんぽも、藤竜也も、ガジローも・・・みんな、若いわぁ・・・ 映像って、怖いもんで、「人間性」が出ちゃうんですよね。 先だって馴染みの女の子が、ナンパビデオに映っていて、減滅したのだが、 それより、何より、その娘のねじれた人間性が、思いっきり出ていたのに驚いた。 たかだかナンパビデオですら、「正直な人間性」が出てしまう映像という化け物。 役者というのは、やはり「無垢」でなければ、続けられない仕事ではないかと思う。 生前、原田氏が、よく言っていた言葉で、 「本物は、伝わるんだよ。」 という通り、この不器用で、愚直なデビュー作においても、 原田芳雄という、「人間の魅力」が溢れんばかりに出ています。 「死んじまったら、おしまいさ・・・みんな、忘れられちまうんだ!」 映画内で、主人公が、こう叫びます。 でも、もう、僕らは知っている。 映画が、死なない限り、 そこに「生きる」俳優さん達も、永遠に生き続けるのだと・・・・・

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
反逆のメロディー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル