ここから本文です

激動の昭和史 軍閥 (1970)

監督
堀川弘通
  • みたいムービー 7
  • みたログ 71

3.56 / 評価:36件

開戦

  • Incognito さん
  • 2020年9月5日 10時46分
  • 閲覧数 189
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

開戦を決断する迄のプロセスがよく理解出来た。
背景: 国民感情も開戦を望んでいた事。対米交渉が手詰りに陥った事。
判断過程: 天皇は平和を求め外交交渉継続指示したが、ダメな場合は10月開戦を趣旨を御前会議で決定。(←意味不明)
10月になっても近衛首相は開戦を判断出来ず総辞職。
東条が首相になり開戦を判断。

国家が戦争を始める切欠は、外交交渉に手詰まりになる事。この点はよくよく覚えておかないといけない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ