ここから本文です

激動の昭和史 軍閥 (1970)

監督
堀川弘通
  • みたいムービー 7
  • みたログ 69

3.47 / 評価:34件

解説

 「続社長学ABC」の笠原良三によるオリジナル脚本を「狙撃」の堀川弘通が監督。撮影は「待ち伏せ」の山田一夫、音楽は「日本解放戦線 三里塚」の真鍋理一郎が担当した。「日本のいちばん長い日」から始まった“東宝8・15シリーズ”の一本。日本がいかにして太平洋戦争へ突入していったかを、新聞記者の姿を通して描く。  二・二六事件が勃発してからというもの、軍部の力はますます増強していった。国外では大陸進攻、国内では統制の強化を図る中、近衛内閣を立ち上げ東条英機を陸相に就任させる。日本が戦争への道を進む中、倒れた近衛内閣に代わり東条内閣が発足、山本五十六が指揮を執る真珠湾攻撃が実行に移された。海軍報道班員として従軍した新聞記者の新井五郎は、戦地での実態が大本営発表とまったく異なることを知り、真実を国民に伝えようとするのだが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ