レビュー一覧に戻る
煉獄エロイカ

hai********

5.0

途方もない構図の怒涛

 私は旧作品は再観賞してレビュを入れる。 昔観た作品を、歳をとってから再見すると、当時とまったく違った印象を受けることが多いからだ。    大島渚を知っていても吉田喜重を知っている若い方は少ないのではないだろうか。 両者とも1970年代に、松竹ヌーベルバーグと言われた映像作家だった。 大作商業映画へレーンチェンジした大島さんと比べ、吉田さんは前衛映画を突っ走ったという印象が私には強い。  本作の製作は1970年。 全共闘世代には「総括」という言葉とともに記憶される作品だろうが、私が鑑賞したのはそれから後の大学の上映会。 私は全共闘世代に遅れること、10年後のキャンパスにいたのだった。  本作に関する当時の私の印象は、正直「嫌悪感」だった。 70年全共闘世代のわがままぶりをそのまま前衛映像にしたような、人を見下す優越感が鼻についた。こういう映画を喜ぶような人間には決してなるまいと思った。「唾棄すべき映画」だと感じた。  昨夜再鑑賞した。 やっぱり、観方がまったく違っていた。 「吉田さんは映画が好きだったのだな、心底」と思った。  本作の底流に流れる映画革新への情熱を、今日の私は感じることが出来る。 構成主義に徹した本作の画を観たらよい。 1カット、1カットに工夫されたこの途方もない構図の怒涛。 低予算モノクロの制約を逆手に取った色の主張。 白とは色彩のない状態を言うのではなく、本作の映像は「白こそ色だ」と言う。  本作のウルトラモダニズムを観ていると、真逆のところにいたはずの小津映画も、同じ革新の情熱に支えられた映画であったと思わずにはいられない。 小津映画の構図も、切ったら血の出るような構成主義的色合いが濃い。  映画とは総合芸術、とは良く聞く言葉だが、果たしてそれは本当か。 映像の革新こそが映画の未来を切り開いてきたのではないのだろうか、などと オッサンの私は、こそっと、うそぶいてみたりする。    ストーリーは、わかるようでいてわからない。 台詞は難解。80年代まで、いくつも上演されていた、いわゆるアングラ演劇とはこういうものだった。理解しようなどとしない方がいい。徒労だ。

閲覧数790