レビュー一覧に戻る
喜劇 ギャンブル必勝法

bakeneko

5.0

ネタバレそれにつけても金の欲しさよ!

“山城新伍主演の風俗コメディ”の第一作で、オープニングタイトルバックに“第一回主演作品”と表示されます(「白馬童子」は無かったことになっているのかなあ~)。 競輪場でもぐりのコーチ屋をしている主人公が、自身の借金やアパートを救うために、競馬、麻雀、パチンコ、花札、サイコロ…とありとあらゆる博打でいかさまを駆使して奮闘する喜劇で、東映の盟友である―菅原文太、梅宮辰夫、宮園純子、若山富三郎、嵐寛寿郎が友情出演していますし、白木みのる、西川きよし、横山やすし、笑福亭仁鶴、岡八郎、平参平といった吉本&関西のコメディアンも大挙して出演していて、山城の交友関係の広さを窺わせる映画となっています。 只、お話は結構グダグダしていて、緩めのドタバタが下ネタがらみで展開するので、ヤクザとの騙しあいの緊迫感はかなり薄味となっています。 ハッスルして熱演している山城新伍と、セルフパロディを愉しそうに演じているゲスト達を懐かしく眺める映画で、今は廃れてしまった花札賭博では昭和&東映の伝統を見ることもできますよ! ねたばれ? 当たり馬券を捨てる人ってそんなにいるのかなあ?

閲覧数176