ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

おさな妻 (1970)

監督
臼坂礼次郎
  • みたいムービー 3
  • みたログ 60

2.77 / 評価:22件

全体的に暗さだけが強く残ってしまう

  • mas***** さん
  • 2012年10月4日 10時00分
  • 閲覧数 2551
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

関根 恵子当時は若い女子高校生役ですが、今の十代の女の子と比べても

大人ぽくてまたそれもいい

ただどうしても暗さが強く残ってしまう作品

母が亡くなり叔母の家に引き取られ純一に乱暴され夜の公園のブランコで一人見つめる
玲子が幼い頃母の思いと母が仕事で遅くなり夜公園でブランコゆらせる夢のシーン
がどうしてもそのシーンが暗さが強く残る

玲子が保育園でアルバイトで園児まゆみの父親と付き合いながら段々深くなり

結婚していくけれど 玲子が年上の吉川に好きになっていくけれど父親として好きなのか、男として好きなのか、玲子のゆれる気持と寂しさと甘えたい気持ちは両親がいない
だけにその気持ちが分かる

ただお互いにすれ違うことでケンカしてしまうけれどラストで玲子が振り向く笑顔で

終わるのですが・・・やっぱり晴れた気分よりどうしても暗さが残る

夜中の街、車、関根 恵子のファッションなど時代を感じてくる作品

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ