ここから本文です

探偵<スルース> (1972)

SLEUTH

監督
ジョセフ・L・マンキウィッツ
  • みたいムービー 67
  • みたログ 107

3.53 / 評価:38件

たった2人の演技合戦

  • オーウェン さん
  • 2021年6月28日 15時16分
  • 閲覧数 44
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

リメイクされた「スルース」の方を先に見ていたので、驚きという点ではそれほどなかったが、英国俳優同士が見せるやり取りは優雅でありミステリアスであり。

富豪であるミステリー作家のワイクの元に、美容師のティンドルが呼ばれた。
彼はワイクの妻と不倫関係にあり、ティンドルに対し提案を持ち掛けてくる。

出てくる俳優はたった2人であり、それを2時間見せ切るのだから、これはもう演技力がないと無理な相談。
その点でローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインが見事。

二転三転のやり取りの末、勝つのはどちらなのか。
ラストのオートマタ人形の不気味な笑い声がまた不穏な余韻を漂わせる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ