博徒外人部隊
3.4

/ 5

40%
0%
40%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • どーもキューブ

    3.0

    深作監督、墓場の沖縄

    1971年作、脚本神波史男(他一名)脚本監督深作欣二。鶴田浩二主演。「仁義なき戦い頂上作戦」でチラッと映る本作、鑑賞。ムショを出たグラサンかけた鶴田兄貴。子分のピラニア軍団室田と「コロンボ」声優小池朝雄が出迎える。鶴田兄貴突然、ムショで聞いたイケる話し、沖縄で一花咲かすしのぎを計画。冷静に考えるとかなり無茶。そこに病み上がりの安藤昇、母ちゃん持ちの由利徹他数名加わる。沖縄にわ二大勢力と鶴田兄貴の馴染みの沖縄彼女がいるのでした。時より流れる沖縄民謡、その歌詞のいわれが印象的。音楽「ファーストルパン三世」シリーズを手掛けた山下毅雄の全編のジャズ色が良い。ラストは言わずもがなの殴り込み。沖縄と野蛮な男というと北野武「ソナチネ」、「沖縄代理戦争」、健さん「網走番外地南国の対決」と日本仁侠映画でわレアなケース舞台設定。本作でわ鶴田のわがままな親分の出稼ぎのしらべ。男は負けるとわかっても戦う心意気。ラストの無茶な戦い、エンドタイトルの粋な文字。それは彼らが望んだ墓場の絵画のようだ。本作のように東映のエンドタイトルは時々激烈に痺れるような「完」の文字のでかたがあるので要チェック!鶴田一家の沖縄出稼ぎ戦略、それは彼らの最後の船出。要DVD化希望。

1 ページ/1 ページ中