レビュー一覧に戻る
新座頭市 破れ!唐人剣

jig********

4.0

片腕必殺剣、日本の地でも炸裂

大名に献上する品が道を通過するだけで 庶民が道を空けて平伏しないといけないとは なんとも不便な世の中。 しかも道を遮ったら死罪に値するとばかりに 斬られるなんて理不尽すぎる! ということで、 日本に来ていた唐人(中国人)の子が道を遮ってしまい、 斬られそうになった子をかばった両親が斬られ、 彼らと行動を共にしていた唐人が怒り心頭、侍を斬る事件に発展。 この唐人誰かと思いきや、ジミー・ウォング!! しかも片腕がない。ということは・・ 『片腕必殺剣』のあの人かーっ! なんとジミー・ウォング代表作(たぶん)の 『片腕必殺剣』のあの人が日本に渡ってきたとはね、 一人テンション上がりましたが、 なんとも心躍る組み合わせじゃありませんか。 言葉が通じなくとも何か通じる部分があった二人、 二人の通訳をはたしたのは助かった子供ですが、 その通訳の乱暴なこと、子供らしくて面白い。 ジミー「○○寺を知っているのか!?案内して欲しい。」 こども「連れてけ。」 微妙なニュアンスなどそっちのけ、 これでなんとかなってしまうあたり 市は相変わらず子供に弱いらしく快諾。 その後の行き違いで二人が戦う運命とはなんとも悲しい。 剣技に定評のある片腕必殺剣のジミーさん、 剣がなくても戦えまして、手刀で太い枝を折るわ、 石を真っ二つにするわでその強さをアピール。 極めつけは坊主との格闘で決着をつけるという、 相手が素手ならこちらも素手という彼の流儀に痺れます。 あちらの作品のようにワイヤーアクションやら 使えないところは不自由したでしょうが、 個人的には彼が出てきただけでも楽しい。 伊東四朗さんも出てきて笑いに花を添えますが、 やっぱりジミー・ウォングだよね~。 今で言うならジャッキー・チェンとジェット・リーの 共演並みの凄さではなかろうか(たぶん)。 『片腕必殺剣』好きの私としては、 盲人最強の座頭市と片腕最強の夢の共演が あったというだけでも心躍りました。

閲覧数490