ここから本文です

どうぶつ宝島 (1971)

  • みたいムービー 2
  • みたログ 26

3.85 / 評価:13件

宝が埋れてる

  • hamusutar1970 さん
  • 2018年11月23日 13時12分
  • 閲覧数 81
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

見にきたら、レビューが4件しかなくて驚いた。
ちなみに「カリオストロの城」は現在549件。
東映アニメの宝の1本である本作が埋れてる!
皆で掘り返そうよ!

傑作「長靴をはいた猫」に勝るとも劣らない。
理屈抜きの大活劇で、面白いのなんの!

東映初期の「白蛇伝」とか「西遊記」の頃は手探り状況で、ギャグもすべっていたが、本作では固さがとれて物語に没頭できる。
冒頭から実に映画的で引き込まれる。テンポもよく快調。
演出は「空飛ぶゆうれい船」の池田 宏。断然、こっちの方が好きだね~。

宮崎駿がアイデア構成と原画に関わっているので、
のちのちの代表作との共通点がいっぱい。探すだけで、面白さは倍増。
原画に小田部羊一。
音楽に山本直純。
いい仕事をしてますねェ。

ちなみに、調べてみたら、
キャッシーを担当した天地 総子さんは1941年1月3日生まれ。
宮崎監督は、1941年1月5日生まれの77歳(現在)で、2日違い。
で、ジムを担当した松島 みのり さんは1940年12月1日生まれで、
ほぼ同世代。みなさん、ご存命。対談を見てみたい。

こどもに見せるなら「ポニョ」とか「風立ちぬ」よりも、こっちだよね。
いい歳したオジサンの俺が、ウン十年ぶりに見たけど、童心にかえって
楽しめたもん。

日テレさん。ジブリの同じ作品を何十回も放送してないで、この作品もやってよ!子供の見れる19時くらいに。くだらないバラエティ流すより有意義だと
思うよ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ