レビュー一覧に戻る
ダンボ

ダンボ

DUMBO

64

rie********

5.0

涙が止まらなかった最初のアニメ

この手書きの信じられないようなストーリーの完成度と美しい絵や歌のアニメが、1940年代。 もちろん私の生まれる前からで、うちの母だってまだ赤ん坊。 母にとってディズニーは、信じられない世界からきた美しいもの、だったそうで、私の幼児時代も、ディズニーの子ども冊子が魔法の国からきた本のように見えたものだった。 ダンボも幼児のときに見ていて知っているのに、高校のときにもう一度、ビデオで見た。 そうしたら、なぜかまるで知らない映画のようで、あまりに悲しみと感動で、涙が止まらなかった。 ディズニーランドでは、ダンボのストーリーは追及されていないけれど、ダンボはディズニー映画の中で、涙を追及した作品なのかもしれない、と今は思う。 アニメにこれほどのストーリーと演出をもちいれたディズニーは、今のディズニーと違うと言わざるを得ない。 ジブリのほうが、よほど近いかもしれない。 信じられないレベルの映画で、見たあとは、かわいいダンボのぬいぐるみを気軽に車においたりできなくなるかもしれない。。(笑) そして。。わたしの子供時代にカラフルな夢を届けてくれたディズニーに心からお礼を言いたい。

閲覧数2,069