ここから本文です

儀式 (1971)

監督
大島渚
  • みたいムービー 10
  • みたログ 92

3.42 / 評価:19件

寝る前に見たら悪夢を見そうな地獄映画

  • サンゴ さん
  • 2019年6月13日 17時16分
  • 閲覧数 353
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画館で見てたら絶対途中で帰ってた。
地獄みたいな一家の地獄みたいなお話。
序盤の子役時代は、これから起こるだろう恐ろしそうな展開に期待がもてたんだけどなあ。
本役になると、設定ではまだ高校生ぐらいの年齢なのに、すっかりおっさんに。
そもそも老け顔だし、30過ぎぐらいにしか見えない。
これだけ老けた若者時代なんて一瞬で終わるのかと思ったら、全然そうではなく、ずーっとこの老け顔のまま青年になった。
女優陣は美しいんだけどなあ。

この地獄みたいなお話はどうやらパロディらしいのだけど、不愉快極まりないお話で笑うところなどどこにもない。
嘲笑うところはいくらでもあるけど、嘲笑う気力もない。
こんなの高評価するのって、ものすごおおおおおく大島渚が好きな人だけだと思う。

本役になってからはもう、ずっと、なんていう不愉快な映画なんだろうと思っていたけど、あーもうダメだと放り出したのは、中国から帰還した親戚の男性の歓迎会の宴会。
途中から一人一人、歌を歌い始めるのだけど、これがもう絶妙にみんな下手。調子の狂った変な歌を何人分も聞かされるこっちの身にもなってほしい。
寝る前に見たら悪夢にうなされそうな地獄映画。

一応最後まで見たけど、終盤になるにつれ、地獄度は増していく。
大島渚嫌いだわー。

良かったのは唯一、音楽だけ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ