戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河
3.6

/ 26

19%
38%
31%
4%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • kaz********

    4.0

    戦争という大きな渦の中でどう生きるか

    人は自らの欲望のために他の人の生命や財産を奪っていいものか、考えたら分かることも、集団の中では押し曲げられてしまうのだなと感じた。 第二部は、昭和7年3月の満州国建設から昭和12年慮溝橋事件によって8年にわたる日中戦争の戦端が開かれるまでを描く。日本の言いなりになる満洲国建設は国際連盟で不承認となるが、5・15事件などを通じて日本は軍部内閣を目指した。それは、権益拡大を目論む伍代財閥の利益と合致していた。国内では、反戦思想を持つ活動家を弾圧し戦争に邪魔になるものを踏みつぶそうとしていた。昭和11年2月の2・26事件を経て、参謀司令部では、内蒙工作派と対ソ防衛派対立した。一方中国では、張学良が共産党を介して蒋介石と相見え抗日民族戦線が結成される。昭和12年慮溝橋事件が勃発、俸勅命令が伝宣され日中戦争が開始される。 この第二部では、四組の男女の愛が軸になっている。一つは、伍代家の長女・由紀子と柘植の愛。アヘンルートの摘発で伍代家の利益を損なった柘植は帰国するが、由紀子に『女はいつまでも待たない』と言われる。二つは、伍代家・次男の俊介と人妻・温子との愛。俊介は英介に婚約破棄された温子をひたすら愛す。しかし、温子は狩野という男の妻になっており、狩野は姦通罪をちらつかせ二人に嫌がらせを行い、別れさせる。三つには、社会主義に傾倒する耕平と伍代家・次女の順子との愛。順子は耕平の役に立とうと世話を焼くが、主義に生きようとする耕平は信念を貫き留置場に入り拷問を受ける。順子の純粋な愛がたまらなく美しく哀しい。順子は由紀子と違って『いつまでも待っている』というのが対照的だ。四つには、医師の服部と中国人趙瑞芳の愛だ。抗日で倉庫爆破に加担した瑞芳を亡命させようと躍起になるが、逆に憲兵隊に捕まってしまう。階級を越えて国籍を越えて愛し合う自由を奪う戦争を許してはいけない。 あと、もう一組あげれば、朝鮮遊撃隊の徐在林と全明福。抗日戦線で中国人の白と対立し別行動をとるが、討伐隊に追い詰められ全明福は撃たれてしまう。全明福の亡き骸にすがって涙を流す徐在林の姿に感動した。

  • pin********

    4.0

    日中戦争の泥沼へ。

    もちろん、質は前作同様、堂々たる戦争大作ではあります。 でも、第一部に比べるとどうしてもつなぎの感が否めません。 『スターウォーズ』のエピソードⅤのようなものでしょうか。 それぞれの人物の魅力は、すでに第一部で出されていますし、三国連太郎のテロリストは出番が少なく、明らかに第一部での方が生き生きとしていました。 第一部では子供だった伍代家の末の息子も大人になったし、左翼少年も大人になって、それぞれの恋愛模様に絡め取られています。 第一部に比べると、恋愛模様が多くなっている感じです。 でも、余計なもののように思える恋愛模様もけっして不要なものではありません。 人間にとって大事なのはやっぱい恋愛でしょう。 それを否定するところに戦争の哀しさがあるわけですから。 日本人も韓国人も中国人もそれぞれに恋愛模様に絡め取られながらも戦争の渦に巻き込まれてしまうところが悲しいではありませんか。 それにしても、浅丘ルリ子、栗原小巻、吉永小百合、佐久間良子とまあ、まあ、まあ…。 岸田今日子が妖しい雰囲気を出しまくっています。 盧溝橋事件から、いよいよ日中戦争の泥沼に入っていきます。

  • kun********

    3.0

    石原莞爾閣下!!

    これもう抗日映画でしょwww 三國連太郎の出番が減って残念です

  • stanleyk2001

    4.0

    満州事変から盧溝橋事件まで

    満州事変から盧溝橋事件まで。メロドラマ色が濃くなってきた。 少年中村勘三郎が成長して北大路欣也!いきなり顔だちがキリッとした!吉田次昭少年が成長して山本亘さん。ハマり役の左翼青年。 逆さ吊りの凄惨な拷問。特高警察の弾圧が生々しい。 特撮は成田亨さん!リアルな爆発が素晴らしい。

  • いやよセブン

    4.0

    吉永小百合登場

    伍代家の子供たちも成長し、次男が北大路欣也、次女が吉永小百合で登場する。 第二部は満州国から始まり、国際連盟脱退、盧溝橋事件による宣戦布告なしの日中戦争勃発までが描かれる。 中国は毛沢東の共産党が台頭、金日成率いる朝鮮抗日部隊が合流、蒋介石の国民党とも一時休戦となる。 北大路欣也は東映から招かれた佐久間良子と不倫の恋、吉永小百合は幼馴染の山本圭と恋仲に、中国人役の栗原小巻は日本人医師の加藤剛と淡い恋がドラマとなる。 満州国を取り巻く日本、ソ連、朝鮮、中国の関係を丁寧に説明している。

  • le_********

    5.0

    ネタバレ戦争に巻き込まれた男女の愛まで描ききる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yqy********

    5.0

    コマキストとサユリスト

    が同居できる貴重な作品。 「西安事件」の描写に迫力。 朝鮮人パルチザン徐在林の人間描写は第1作より好感持てる。 在日朝鮮人の獄中の戦い、 「死ぬなよ殺されても死ぬな。朝鮮が自分の手に戻るまでは」 山本薩夫監督の最高傑作。 (1988年1月 新宿南口の地下劇場「新宿アカデミー(コヤ名やや自信なし)」で鑑賞)

  • syu********

    3.0

    東亜細亜の近代史の流れの中で

    17世紀頃から欧羅巴で作られ発展した当時の万国公法(国際法)が要点である。当時の万国公法は世界を自主の国、半主の国、未開人と三種類に分け、主権の尊重、条約締結における批准と署名、侵略禁止などは欧羅巴文明を有する自主の国の間でのみ適用され、当時の国際法成立に何ら関与してない亜細亜、阿弗利加など非欧羅巴文明に対しては一方的に半主の国、未開人として主権を認めず、自主の国間では不法とされた侵略までも合法とされていた。当時の日本は既に欧米諸国から欧羅巴文明を有する自主の国と認められていたので、当時の国際法では自主の国である日本が半主の国であるとされた国家に対して主権の尊重、条約締結における批准と署名は必要ない。 『阿片戦争』は、単に英吉利による阿片貿易強行の為の中国侵略戦争以上の意味を持っている。この“西からの衝撃”によって、我々の住む東亜細亜の近代史の幕が切って落とされたのである。 日本は、「阿片戦争」以降の英吉利、仏蘭西などが清国に対して行使した軍事力の強大さに驚愕し、開国維新を断行して西洋近代文明への“改宗”を行なった。幕末、外国人貿易商にとって、日本は武器輸出市場であった。しかし、清国はいつまでも中華思想に囚われて、現実を直視できず、やがては新興帝国である日本に敗北する(日清戦争) 1906年1月、日本はハリマン覚書の廃棄を正式に通告。南満州鉄道株式会社を設立した。これと時を同じくして、カリフォルニアで日本人の排斥運動が議会や教育委員会で決定された。亜米利加は、日本がハリマン覚書を無効にしたのは、日本が中国大陸から亜米利加を締め出す為だと理解した。その報復手段を採ったわけである。同時にオレンジ計画に着手して、対日戦略に取り組み、太平洋に大艦隊をつくっていく。太平洋戦争への端緒は、この時開かれたとも言える。 亜米利加は、日本が「日露戦争」に勝った直後に、日本を第一仮想敵国とした「オレンジ計画(対日侵攻戦略)」を作成した。(後の日米戦争における亜米利加側シナリオは、全てこの「オレンジ計画」によるものである。既に日米開戦の30年以上も前から、亜米利加は日本を第一仮想敵国と考え、日本打倒のプランを練っていたのだ)。 1937年、盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まった日中戦争。戦闘は8年間にわたり、日中双方におびただしい犠牲をもたらした。そしてこの戦いを通じて日本は英米との関係を悪化させ、太平洋戦争への道を突き進んでいく。日中戦争はなぜ拡大したのだろうか・・・。 そして日中戦争がなぜ拡大したのかを明らかにしていく背景を物語る重要な資料が公開された。当時、中国国民政府を率いた蒋介石の日記である。この日記から浮かび上がる蒋介石の意図。それは日中戦争を世界戦争へと連動させ、米ソの力で日本軍を倒すという長期的な構想である。 蒋介石は戦前から独逸軍事顧問団によって軍を近代化し、最新兵器による軍備を進めていた。さらに戦争が始まると、国際社会の注目が集まる上海近辺に精鋭部隊を派遣。英米の経済制裁やソビエトの参戦によって戦局の好転をはかろうとした。 これに対し、日本政府は国際社会の批判を避けるため、不拡大方針を掲げたにも関わらず、なしくずし的に全面戦争に突入してしまった。その背景には、蒋介石政権を弱小と見て、「一撃で倒せる」と考えた日本軍の誤った状況認識があった。出先の軍を率いる司令官らは満州事変の経験から中国の力を過小評価し、独断で首都南京攻略へと進軍。日本政府もこれを追認してしまったのである。 中国の真意と力を読み違えた日本。それは泥沼の日中戦争から太平洋戦争という破局をもたらした。初公開の資料から、日中戦争を日中だけでなく、亜米利加、独逸も含めた国際的な視野から捉え直す。 「偽りを述べる者が愛国者と称えられ、真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は体験してきた」 (三笠宮崇仁『日本のあけぼの――建国と紀元をめぐって』光文社 1959年刊 「はじめに」より)

1 ページ/1 ページ中