ここから本文です

白い指の戯れ (1972)

監督
村川透
  • みたいムービー 4
  • みたログ 29

4.09 / 評価:11件

戯れと愛情

  • pos***** さん
  • 2009年1月13日 20時37分
  • 閲覧数 944
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ここでいう‘白い指の戯れ’とは主人公のゆきの肌の上に戯れる男女の白い指の戯れのみならず、‘白い指の戯れ’によってなされるスリという行為も表している。だからこの作品は最後まで若者たちの‘白い指の戯れ’が描かれれば良かったはずなのだが、何故かラストでゆきは、バスの中でスリの犯人と名指しされるスリ仲間の拓を庇うために自ら犯人だと名乗り出てしまう。黙っていれば誰も捕まるはずはなかったのだが、何故ゆきは名乗り出てしまったのだろうか? ゆきは拓のゆきに対する愛情を確かめたかったのではないのだろうか? しかしただ毎日を‘戯れ’て楽しみたい拓にしてみればゆきの愛情は邪魔なだけである。拓が唾を吐き捨てて終わるラストシーンはそのようなゆきの気持ちに対する苛立ちを表していると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ