ここから本文です

無宿人御子神(みこがみ)の丈吉 牙は引き裂いた (1972)

監督
池広一夫
  • みたいムービー 1
  • みたログ 12

3.50 / 評価:6件

原田芳雄、唯一のシリーズ物の映画です。

  • mal***** さん
  • 2011年10月26日 12時26分
  • 閲覧数 642
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

1972年に公開された原田芳雄主演による「無宿人御子神の丈吉」シリーズ第1作目です。因みにシリーズは全3作あります。

無宿人だった丈吉(原田芳雄)はお絹(北林早苗)と出会い、堅気に戻って静かに暮らしていたが、それも長くは続かずに、ある日お絹と子供を殺されてしまう。丈吉は再び無宿人に戻り、恨みを晴らすために旅立つのだった・・・。

というのが、おおまかなストーリーです。1970年代の日本映画ということもあり、それまでの任侠映画とは違う丈吉というアウトローというキャラクターは新鮮に感じ、改めて原田芳雄という俳優の特異さが際立っていたことが分かります。そして、血の量の多さと残酷さ、そして俳優陣のアクの強さがこれまた1970年代の日本映画らしく、ストーリーがどうのこうのというよりも、その映像の迫力と勢いで観た、いや観せられたという感じの映画に仕上がっています。

そこが面白いと感じるか、それとも雑な作りに感じるかで、本作の面白さは変化するかもしれませんが、少なくとも最近の日本映画にはあまりない熱さを感じ、私は本作を楽しませてもらいました。

ただ、本作はあくまでもシリーズ1作目であり、その余韻を残してシリーズ2作目以降をすぐにでも観たいのですが、その機会がないということが残念です。ですから、スカパーさん、シリーズ物を放送する時は続けて放送して下さいとお願いしたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ