レビュー一覧に戻る
チート

チート

THE CHEAT

44

一人旅

3.0

怪演!伝説の大スター早川雪洲

セシル・B・デミル監督作。 浪費家の妻が招いた災難を描いたサイレント映画。 注目すべきは何と言っても早川雪洲の怪演。日本人の中では比較的高めの鼻と細く切れ長の目が特徴の端正な顔だちで、人妻を辱めるビルマの象牙王を演じている。象牙王はその爽やかな見た目とは裏腹に異常な独占欲と支配欲を有する人物で、自身の所有物の証である焼印を人妻の背中に押し付ける描写が強烈だ。日本では国辱映画として劇場公開されなかったそうだが、日本人が、しかも1910年代のハリウッド映画に準主役級の役どころを得た本作の価値は大きい。

閲覧数851