ある愛の詩

LOVE STORY

100
ある愛の詩
3.5

/ 256

20%
32%
34%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(52件)

切ない25.0%ロマンチック17.7%泣ける16.9%悲しい12.1%知的7.3%

  • とし

    3.0

    レイ・ミランド出てます

    2022年2月23日 映画 #ある愛の詩 (1970年)鑑賞 原題はLove Storyです。#テイラー・スイフト はこの映画見たことあるのかな? #愛とは決して後悔しないこと というセリフが有名です #フランシス・レイ の音楽が素晴らしいです #アメリカン・ニューシネマ 全盛期に公開され、興収1億ドル突破してます

  • ジャスミン

    3.0

    泣いた

    50年前の映画だが、それほど古く感じない。初めて観たのは10代の頃だった。当時映画館で泣いたかどうか覚えていないが、何十年ぶりかで鑑賞し、泣けた。愛とは後悔しない事。この歳になってその言葉がずしんと胸に響く映画。名作の一つだと思った。

  • kmx********

    5.0

    青春の思い出

    私がこの映画を見たのは17才の時で、すごく良い映画だから見てみたらと小学校の女の同窓生に言われ、当時の彼女(現妻)と一緒に見ました。 素晴らしい音楽と悲壮感溢れる映画で、胸キュンキュンと涙したのを覚えています。 特に雪のセントラルパークを二人で抱き合いながら歩くシーンが印象に残っています。 青春時代の良き思い出の映画でした。 その後、名セリフの通り「愛とは決して後悔しないもの」と思って一緒になりましたが、現在は「思っきり後悔してます」 同じ時期の恋愛物では、ソフィアローレンの「ひまわり」、ダスティン ホフマンの「卒業」が名作と思います。

  • ats********

    3.0

    愛とは決して後悔しないこと

    悪い映画ではないが、全体として大味な印象を受ける。 二人の性格は日本人的とはおよさかけ離れているかんしゃくもち。若いが故の不安定さが演出なのだろうか。 この主題歌は有名で旋律として耳残りがいい。だが、音が映画の一番前にで過ぎていて、感動の押し付けがましく冒頭から見える。

  • よりより

    1.0

    感情移入できない

    病気がわかってから亡くなるまでが、あまりにも唐突過ぎて、ありえない。 病院で亡くなる時って、1970年頃だって、医者や看護婦がバタバタ来るんじゃないの?なのに、彼氏だけが付き添ってて「死にました」って。(○口○*) ポーカン

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第43回

作曲賞

ゴールデン・グローブ第28回

作品賞(ドラマ)女優賞(ドラマ)監督賞脚本賞音楽賞

基本情報


タイトル
ある愛の詩

原題
LOVE STORY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル