黒の奔流
3.5

/ 11

27%
18%
45%
0%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ“彼女は頭が悪いから”と侮ると…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • air********

    5.0

    岡田茉莉子の演技を楽しむ映画

    細かいことを気にすると粗い部分はある。先輩OLにとっての「弄ばれた女の復讐劇」は中途半端でわかりにくい。 男女の痴話喧嘩を見ているだけのような、どこか浅い脚本に感じるかもしれない。 推理小説として話を追っても手応えがないが、岡田茉莉子の演技が癖になり何度も観たくなる。山崎努も好演している。

  • kat********

    4.0

    悪対悪

    最終的にどちらも滅びた ストーリーは陳腐だが、その結末は断固支持する! しかし、金銭欲しさに殺人計画を提案した事務員の女(一番の悪)は平然と生き延びるという。 この女が一番の悪なんだよね。まさに邪悪。 現実的で後味の悪い話だった。

  • mas********

    3.0

    中盤のあたりは良かったのにラストがダメ

    ドラマの話としては良かったのですが、ラストのボートでの殺人計画があっけなく 見向かれて山崎 努が隠していたすべてありのままぶちまけて岡田 茉莉子が果物ナイフで刺してボートごと沈んで・・・セコい殺人計画でした せっかく中盤あたりは面白かったのに 先の展開が読めなくてどうなっていくのか岡田茉莉子が自ら橋の上で殺した告白するところまでは見ていて予想した通りでしたがドラマ としての内容はサスペンスとして面白い 女たちの嫉妬や男の欲など三角関係でありながらもドラマの展開も見ていて飽きません この当時の山崎 努も渋い!!演技も上手くいい俳優ですね ただ殺人計画をしておきながらも相手に見抜かれてしかったのが展開の面白さがなくなってしまったのが残念でした

  • jas********

    3.0

    女って・・・恐い。思わずブルった☆3つ

    殺人容疑で起訴された女性と 新進気鋭の若い弁護士との愛憎劇を描いた サスペンスドラマ。 若手弁護士の矢野は欲の強い野心家でしかも女好き。 矢野は勝ち目のない裁判をチャンスと目論み、 貝塚藤江という女の弁護を自ら引き受け、 見事無罪判決を勝ち取った。 矢野は思惑通りに世間の注目を浴び、 弁護士会会長の娘との縁談話まで持ち上がるのだが、 行く当てのない藤江を自分の事務所に勤めさせ、 肉体関係を持ったことから転落の人生を歩み始める。 「先生が好きです。私は一生影の女でいいんです」 美しい女性からそんなセリフを聞けば、 フラフラといってしまうのは男の悲しい性であろう。 しかも彼は血気盛んな若者で女好きなのである。 だが矢野に他の愛人がいる事や縁談話を知った藤江は 嫉妬心の余り、ストーカーまがいの行動に出る。 「一体どういうつもりなんだ!?」 と罵る矢野に、藤江は澄ました顔で返答。 「私赤ちゃんができたの。前言は撤回します。 私と結婚して下さい」 藤江が言葉を発する度に、矢野はギクリと戦き、 脂汗をタラーリ、タラリ。 そして藤江は、弁護士としての矢野を失墜させるような とんでもない切り札を出してくる。 矢野役の山崎努がハマリ役。 蜘蛛の巣にかかった虫ように、 もがき苦しむ若手弁護士の様を好演している。 藤江役の岡田茉莉子も影があって中々いい。 サスペンス物としては多少展開の甘さがあり、 古い映画なので演出もあまり良くないが、 ドラマとしては十分おもしろい。 とにかく男性なら、 身につまされること必至の作品だ。

  • not********

    4.0

    ネタバレ松本清張は告白する。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sei********

    3.0

    ネタバレ愚かな男女の破滅行。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中