ここから本文です

音楽 (1972)

監督
増村保造
  • みたいムービー 2
  • みたログ 41

3.58 / 評価:12件

HERETIC な オマージュ作品

  • ver***** さん
  • 2017年2月12日 22時42分
  • 閲覧数 446
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

金持ちボンに「温室レイプ」されて「フリジード」になった「女子」の映画「私は不感症の女…どうして?」の「オマージュ」と言ってしまえばそれで終わってしまう話だが、「フランス人が描くサイコセラピー(ここでは主人公のディープスキャンを指す)」よりも「日本人が描くサイコセラピー」のほうが「鳥肌ものの真実」が「女子としての性願望の異常性」を帯びていて「角度を変えて描き方ひとつ」で「ノーマン・ベイツ シンドローム」になりかねない「タイトロープのようなストーリーテーリング」は、「当時の日本映画界」では、「異端(ヘリテック)」では、なかったのでは、なかろうか? 「イタリア仕込みの増村保造監督」だからこそ「敢えて兄妹相姦」という「タブー」に挑戦した「問題作」に今の「日本映画界」の「企画の渇水」を改めて考えさせられた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ