レビュー一覧に戻る
高校生無頼控

mal********

3.0

シリーズ1作目。主演は沖雅也です。

1972年に公開された痛快青春映画「高校生無頼」シリーズ第1作目です。 主人公の通称&自称ムラマサこと村木正人(沖雅也)は兄の鉄人(岸田森)が警察に逮捕されたことを苦に自殺した母親の恨みを晴らすため、なぜか兄との決着をつけようと九州から東京を目指し上京する。それも途中で出会った女生と必ず肉体関係を結びながら・・・。 という、何とものんきな、そしてなんで兄と決着をつけようとするのかよくわからないムラマサを描いています。 沖雅也がやたら法律に詳しく、ケンカもすこぶる強い主人公を演じていますが、ストーリー自体はなんとも軟派な展開。沖雅也の〝○○なので~す〟といったとぼけた口調が笑えますが、ムラマサは高校を中退して旅してるので、厳密にはタイトルにあるような高校生ではありませんし、やってることはただの犯罪行為です。 まあ、ストーリーの矛盾はたくさんありますが、お色気シーンがそれ以上に多いのが本作の救いかもね?ということで、男性にはその部分が受け入れられる映画だとは思いますよ。

閲覧数1,177