ここから本文です

パンダ・コパンダ (1972)

Panda Go Panda

  • みたいムービー 79
  • みたログ 911

4.05 / 評価:276件

解説

スタジオジブリを代表する2人のクリエーター、高畑勲と宮崎駿が1972年に手掛けた傑作アニメ。一人暮らしの少女のもとに現れたパンダの親子との交流が描かれ、後の高畑・宮崎作品の原点とも評される。自分の子どもたちにすてきなアニメーションを見せたいという思いから作られ、名作児童文学「長くつ下のピッピ」の世界観を基に宮崎が原案・脚本・画面設定、高畑が演出を担当。同時上映される続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』も必見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ミミ子はおばあちゃんと2人きりで暮らしている女の子。ある日、おばあちゃんが法事に出かけて1人で留守番をしていると、パンダの子どもパンちゃん(太田淑子)とそのお父さんパパンダが現れる。彼らは一緒に暮らし始めるが、ある日動物園の園長さんがパンダの親子を探しにやってきて……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ