ここから本文です

チェリー2000 (1986)

CHERRY 2000

監督
スティーヴ・ジャーナット
  • みたいムービー 1
  • みたログ 23

3.00 / 評価:19件

うーん、微妙な・・・

  • tokyo_sy*** さん
  • 2018年6月26日 11時38分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

シネフィルWOWOWにて視聴。レビュー1177作品目

うーん・・
一つ前の方による「満点、絶賛のレビュー」の後なので、か、書きにくい・・

あらすじ完全ネタバレ。主人公は草食系の男性。

・少しお馬鹿のボンキュッボン金髪アンドロイドと楽しく暮らす主人公
・アンドロイドが壊れてしまい、メモリーを新しいボディに移したい
・同じ型の機体を探しに行く主人公
・主人公は、リアル女性には萌えない。愛せるのはアンドロイドだけ

もうこの時点で、「基本コメディ」にしか見えなくなります

・新ボディを探す道中で、リアル女性と知り合う
・リアル女性は反抗的、酒飲み、美女でも無くアンドロイド彼女と正反対
・リアル女性と喧嘩したり良い雰囲気になったり

で、そんなこんなで

・アンドロイド、新しいボディをゲットして主人公も幸せ一杯
・主人公、戦場にリアル女性を置き去りにしてアンドロイド彼女と逃げる

で、ラストは

セスナ機で飛び立った途端、主人公は思い直して戦場に戻り、アンドロイドに「コーラ買ってきて」と荒野のど真ん中で置き去りにし、リアル女性を乗せて飛び立つ。リアル女性とイチャイチャする主人公。
アンドロイド彼女は荒野のド真ん中に棒立ちし「ペプシ?」とか言いながらニッコリ

END

これ、どう判断したら良いんだろう・・・

ボンッキュッボンの金髪美女アンドロイドより、性格や外見に難が有れど本物の生きている女性の方が良いですよって映画・・なのか。

どんなに完璧美女に見えても、アンドロイドはお馬鹿ですよと言いたいのか。

虚構(アンドロイド)しか愛せなかった主人公が、リアル(生身の女性)を愛せる様になった脱皮の物語なのか

うーん(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ