ここから本文です

放課後 (1973)

監督
森谷司郎
  • みたいムービー 5
  • みたログ 20

3.33 / 評価:9件

ちいちいがモテモテ

  • daw******** さん
  • 2010年8月14日 20時56分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

少年の頃、憧れのお姉さん的存在だった栗田ひろみさん
主演の青春映画。昭和48年、東宝の作品です。
前回、紹介した「赤頭巾ちゃん気をつけて」と
同じく、森谷司郎監督、井手俊郎脚本コンビです。
作品には全く関係ないことですが、この井手さんは
東大出身プロ野球選手で元中日の井手峻氏のお父さんです。
どうでもいいことでした。すいません。

ストーリー的には女子高生の甘酸っぱい恋愛物語という
感じなんですがほとんど、覚えていなくて、ただただ
栗田ひろみさん見たさに鑑賞したようなものです。
始まってすぐに学校から帰宅した栗田さんが自室で
セーラー服を脱いで下着になるシーンがあるのですが、
それだけでもう満足というのでしょうか、恥ずかしながら、
それだけでも卒倒しそうになった少年の日のわたしでした。
ラスト、思いを寄せる隣家に住む年上の男性との別れを
悟った栗田さんが、雨降る外へ飛び出すのですが、そのときの
アップの表情がちょっと寂しげでとっても可愛かったのですね。

音楽もいいです。いきなり井上陽水さんの「夢の中へ」
なんですから。主題歌は最後に流れる「いつのまにか少女は」
でしょうか。作品にマッチしていて、この音楽を聴くと、
栗田さんのテニスコートのシーンを想い出してしまいます。
音楽担当が星勝さんというのも、ファンにはたまらないんじゃない
でしょうか。元モップスのギターをやってまして、解散後は
井上陽水さんをはじめとしたアレンジプロデューサーとして
活躍しています。

先ほど書きましたが、ストーリーの記憶が曖昧で、ただ、印象に
残る演技の出演者がたくさんいました。栗田ひろみさんの隣家に
住む年上の男性がチーチー、地井武男さん、その奥さんが
宮本信子さん。地井さん行きつけの常連スナックのママさん、
浮気相手なんですが宇都宮雅代さん。そのスナックに勤める
ちょっと派手というのか、昭和40年代後半ルック全開の
美人フロアレディに篠ヒロコさん。最近、見かけませんが。

同級生の男子生徒に思いを寄せられるんですが、全然、関心が
無くて年上の男性に好意を寄せる女子高生という設定を
まあ、同じ年頃だから演じやすかったのでしょうが、ごく
自然にあっさりと栗田さんが好演しています。
とにかく栗田さんのために撮ったような映画なので、だから
もうテレビで放映されることもないと思いますが、少しばかり
くどい箇所もありますが、純な気持ちになれる作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ