桜の代紋
3.5

/ 8

25%
50%
0%
0%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

かっこいい20.0%勇敢20.0%不気味20.0%笑える20.0%コミカル20.0%

  • rec********

    5.0

    これはもう映画を越えてはいまいか?

    既に三度目ですがワタシ如きが安易に語れるようなシロモノではございません。 やたらな人には観て欲しくなく、かと言って『どうでしたか?』と問われば貴方、何を呑気な事言ってるんですか!こんな所で悠長に質問してる間に早く御覧なさい!と恥も外聞も忘れて急き立ててしまう恐ろしい映画です。こんな体験は生涯に何度もあるわけでなく、万が一にも『つまんなかったなあ』などとホザくような輩なんかと遭遇したらワタシは間違いなく我を忘れて暴行傷害事件を起こしてしまいそうだからいっその事この世から綺麗さっぱり消失してほしいとさえ願わずにはいられない、そんな作品です。繰り返しますが安易には御覧になるな!覚悟して心して御覧あれ!いや、やはり観ないほうが・・!

  • mal********

    4.0

    取調べ方法もいろいろあります。

    映画監督黒沢清氏が推薦する未DVD化の1973年の日本映画です。 アウトローの奥村刑事が持ち前のふてぶてしさと行動力でヤクザ組織壊滅作戦を実行、そしてその顛末を描いた痛快作です。とにかく、主演の若山富三郎と筆頭に大木実、渡辺文雄、草野大悟、大滝秀治と俳優全員の個性が強烈すぎ(日曜の朝にセーター姿が一番似合う関口宏も出ています)、そしてストーリー展開も強引&強烈なんですが、それが異常に面白いんです。 まず、チリチリパーマのチンピラ(石橋蓮司)の取り調べシーンが傑作です。自白させるために脅したり寝かせないのは定番ですが、やっと独房で寝ようとしたら若山富三郎がやって来て?たまにはスポーツしなきゃダメだ?ということで強引に道場へ連れて行き、チンピラをコテンパンに投げるわ絞めるわの暴走ぶり。 ですが、極めつけは江幡高志(小悪役を演じれば、絶品の存在感を発揮する俳優さんです)演じる刑事が取調室で生のニンニクをちぎって食べ、挙句はチンピラの顔にその口臭を吹きかけ自白させようとするシーンは爆笑物です。若山富三郎がボソッと?えらいもの食べとるね?と言うのがこれまた笑えます。 まあ、笑えるシーンも多いんですが、展開はシビア&ハードなので最後までハラハラさせられます。特に自白の真偽を確かめるために、ただじっとチンピラを静観する若山富三郎の表情と佇まいが鳥肌物の怖さと迫力です。このシーンだけでも本作は観る価値があると思いますよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


若山富三郎奥村昭夫
松尾嘉代奥村佳代
関口宏加藤刑事
小林昭二滝本刑事
大木実宮川三郎

基本情報


タイトル
桜の代紋

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-