三池監獄 兇悪犯
2.7

/ 3

0%
33%
33%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • mik********

    4.0

    悪役スター総出演

    70年代の東映らしい映画。 囚人役が鶴田浩二、宍戸錠、大木実、伊吹吾郎、南利明、汐路章、川谷拓三ら、対する看守側が安部徹、金子信雄、天津敏、山本麟一、遠藤辰雄といった面々。 「俺たちだって血の通った人間だ」と叫ぶ囚人たちより、囚人に重労働を強制して私服を肥やす監獄側の方が明らかに凶悪な顔ぶれなのが面白い。 囚人役はほとんどフンドシ一丁の出で立ち、さらには強面ぞろいの男色の濃い映画だが、そこは東映でお色気シーンは用意してある。ひし美ゆり子さん、出番はわずかだが彼女の登場で観客はどれだけ救われただろうか。掃き溜めに鶴だった。 舞台になった三池集治監は実在した場所で、そこで多くの囚人が非人道的に扱われたのも事実らしい。小池朝雄さんのナレーションで実録風な雰囲気を出している。ただし内容はかなりナンセンスであった。 最後は鶴田さんの怒りが爆発する。が、私的には、この映画の主役は天津敏さんです。

  • yqy********

    3.0

    東映やくざ路線で数少ない未見作品

    で、DVDもないので、1ヶ月前から楽しみにしていました。 すこしガッカリの出来でした。 大スターを起用せず、添物としてのB級シネマに徹した方がよかったと思います。 受刑者の対立、受刑者の同性愛、反乱への過程、看守のあくどさ、 どれも中途半端でした。 しかし、三池監獄の非人間性、囚人炭鉱の劣悪な状況は見事に描きました。 「仁義なき戦い」の予告編のBGMは「殺しの盃」だけでなく、この作品の音楽も 利用していたことを発見しました。  (2008年9月20日 浅草名画座にて 併映「頂上作戦」「江戸川乱歩」)

1 ページ/1 ページ中