無宿人御子神(みこがみ)の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ
1.7

/ 3

0%
0%
0%
67%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • mal********

    2.0

    シリーズ最終作なのに何も解決しません。

    1973年に公開された原田芳雄主演による”丈吉復讐3部作”(私が勝手に命名してるんですが)の最終作です。 なので、最後の仇である清水の次郎長との対決が豪快に描かれることを期待していたのですが、次郎長役の峰岸隆之介のスケジュールが調整できなかったのか、はたまたギャラで揉めたのかはわかりませんけど、とにかく次郎長は本作には出ていません。ついでに書けば、前2作で何かと丈吉を手助けする中村敦夫が演じた謎の渡世人も出てないので、その正体も謎のままで終わっています。 その代わり、主人公の丈吉が道中で出会った風車の小文治(夏八木勲)とお八重(安田道代)と厄介ごとに巻き込まれる様を描いています。ただ、その描き方が少々浪花節的であり、前の2作と違って映画に勢いがなく、息切れ状態だったのが残念です。 個人的にはこの時代から安田道代さんが、現在も一線で女優業をされていることに感銘を受けました。

  • yqy********

    2.0

    日活ロマン女優 小川節子

    の美乳と血みどろの熱演と渡辺岳志の音楽とラストの笹沢佐保作詞の主題歌がいい。 「昨日棄てた男には 想いを馳せる明日もなく  彷徨い歩くこころの荒野 漂う陽炎は憎しみか  遠い地平線に 欠けた太陽は落ちる  遥か白い道に 影は後ろを向かない」 悪党・国定忠治(峰岸徹さんに合奏)との決戦前に頓挫させてしまった駄作。 安田道代が気の毒だった。 (2008年10月17日 浅草名画座にて 併映「極妻 情炎」「新飛車角」)

1 ページ/1 ページ中