ここから本文です

男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (1973)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 10
  • みたログ 358

4.09 / 評価:121件

男はつらいよ・・・本当につらいよ。

【男はつらいよ 寅次郎忘れな草】っということで、マドンナ役の
浅丘ルリ子さん演じるリリー4部作の最初の作品です。

いつも実らぬ恋をしている寅さんの前に現れた売れない三流歌手のリリー。
今回もやっぱり寅さんの恋は実りません。しかしリリーはこの後、
3度も寅さんの前に現れます。なにか不思議な(運命の)縁がある
のでしょうね・・・きっと。


忘れな草・・・花言葉は・・・真実の愛

ではでは・・・
とらやでは、寅さんのお父さんの27回忌の法事が行われている。

そこへ帰ってきた寅さん。

寅・・・『おい!さくら。誰か死んだのか?おいちゃんか!』

っとまぁ~いつもの調子で面白可笑しい勘違いが炸裂してお父さん
の法事が台無しに・・帰ってきて早々おいちゃんと一悶着おっぱじめる寅さん。

次の日、満男を保育園に迎えに行ったさくらは、大きな屋敷から聞こえ
てくるピアノの音に耳を傾けていた。さくらはピアノのある家に住むの
が夢なのだ。

とらやに帰り、ひろしとおばちゃんの前で『はぁ~』っと深いため息を漏らすさくら。

おばちゃん・・・『やだよ~ため息なんかついて、何かあったのかぃ?』

さくら・・・『せめてピアノが置けるくらいの家に住めたらなぁ~て』

そこへ寅さん登場。

寅・・・『なんだ!なんだ!昼間っからシミったれた顔して、夫婦喧嘩か?』

おばちゃん・・・『さくらちゃんピアノがほしいんだって。』

寅・・・『なんでぇピアノぐらいの事で!おい!ひろしお前はさくらにピアノも買ってやれねぇのか!』

ひろし・・・『そうは言ってもですね~にいさん。』

寅・・・『よし!わかった。お前たち夫婦にはいろいろ借りがあるからなぁ。
     ココは1つ、あんちゃんが一肌脱ごうじゃないか!』

張り切って飛び出して行った寅さんが買ってきたモノはなんと!
真っ赤に光るオモチャのピアノ!

慌てながらもその場の空気を読むさくら。『わぁ~なんて立派なピアノなのかしら。
お兄ちゃん嬉しいわwww』

夕暮れ時。おいちゃんがひろしに『こういう理由だから、どうか寅の顔を立ててやってくれ』っと頼み込む。

ひろし・・・『にいさんこの度は、このような立派なピアノを頂きありがとうございますwww』

寅・・・『なに言ってぇんだ。ひろし。俺たちは身内じゃねぇか(*^□^*)』

そこへタコ社長が登場!

タコ・・・『寅さんピアノ買ってきたんだって?どこに置いてあるんだぃ?そのピアノ!!』

とらや一同顔面蒼白!慌ててひろしが取り繕う・・・
『何言ってんですか!社長!ココにあるじゃないですか!立派なピアノが(-_-メ)』

タコ・・・『なんだぁ~オモチャのピアノか。アハハ!ビックリした!寅さんに本物の
      ピアノが買えるわけないもんなぁ。アハハ』

とらや一同完全に凍り付く!

この後の展開はご想像にお任せします。

さてピアノ騒動から旅に出た寅さんは北海道の夜汽車の中で、1人窓の外を見つめ
涙する綺麗な女・リリーを見つめていた。

明くる日、いつものように叩き売りの商売をする寅さん。泣かず飛ばずの様子。

リリー・・・『なんだぃ!全然売れないじゃないか。』

寅・・・『ここんとこ不景気で商売はダメだぃ。ねえさんは何やってんだぃ?』

リリー・・・『あたし?あたしは夜のキャバレーをドサ回りして歌ってる三流の歌手さぁ。』

2人は同じような旅ぐらしをしているために互いの気持ちがわかるらしく、一気に距離を縮めていくのだが・・・っというストーリーです。


結論・・・良い。

寅さんとリリー。似た者同士なのですが、その対比がこの作品の肝なんですね。寅さんはリリーの事を頼れる身内のいない苦労ばかりしている。可哀想な女だと言います。
しかし、リリーをさくらから見れば、リリーは誰かに助けてもらわなくても自分の力で幸せを掴み取る事ができる賢くて強い女だと言います。この対比が素晴らしくて後のリリー作品にもちゃんと影響されています。

対比と言えば・・・旅ぐらしの寅さんとリリーが北海道の港で話をしていて、漁師の家族が父親を見送るシーンがあるのですが、このシーンに旅ぐらしの生活と家族がいる人の生活をせつなく対比させる山田監督上手さを感じました。

リリーの浅丘ルリ子さんが素晴らしい。寅さんに上からモノを言えるシリーズ最強のマドンナですが、実は弱い部分も寅さんには見せるという完璧や役を見事に演じてます。ラストシーンでの女将さん姿のギャップが最高です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ