ここから本文です

花心中 (1973)

監督
斎藤耕一
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

未評価

解説

 阿久悠(作)と上村一夫(画)による同名劇画をもとに、福田陽一郎が脚色し斎藤耕一が監督した。  夏の花畑で、若い男女が心中した。神谷亜紀子は死亡するが、小鹿良介は一命を取り留めた。亜紀子の妹である那津子は学校を辞め、姉がなぜ死んだのかを確かめるべく上京。昼間はテレビ局スカウトマン、夜はジーンズショップの店員として働く良介は、恋人を失ったとは思えないほど明るく快活だった。那津子は良介を詰るが、亜紀子の心情に一歩でも近づこうと、かつて二人が暮らしていたアパートで良介に身を捧げた。二人は同棲生活を始めるが、口論の果てに良介はビルの壁面をよじ登り、亜紀子が知り合いの作詞家に犯されたこと、妊娠を苦に自殺したことなどを叫ぶのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ