ここから本文です

ひとつぶの涙 (1973)

監督
市村泰一
  • みたいムービー 3
  • みたログ 1

4.00 / 評価:1件

純愛な時代

  • mnk***** さん
  • 2018年9月26日 18時01分
  • 閲覧数 248
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

池袋・新文芸坐にて。
追悼・西城秀樹 ヒデキ、フォーエバー!での
上映。

フィルムは退色されていて観にくい状態でした。
残念ではありましたが上映の機会があっただけ
でも良かったというか。
森田健作さんと吉沢京子さんが眩しくて眩しくて
青春をキラキラ生きている姿に全く
違和感や不純性がない、純粋な映画。
松竹青春プログラムピクチャーの王道をいく
納得の純愛映画でした。
なんか素朴で愛のある、かけがえのない時代は
確かにあったと思えるようなメロドラマ。
引き込まれました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ