男はつらいよ 私の寅さん
3.5

/ 104

18%
30%
42%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(19件)

楽しい18.9%笑える17.6%切ない14.9%コミカル12.2%泣ける8.1%

  • s_w_l_j

    4.0

    男はつらいね

    好きな女性に「いい友達でいましょう」と言われるのはつらいね。

  • cmy********

    5.0

    ネタバレ良作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    男はつらいよ 12作目  1973年作品  今回はいつもの前半の帰ってきた寅さんとのいざこざに変化を持たせた。  おいちゃんおばちゃんとさくら夫婦との九州旅行が大きなイベントであった。  昭和の風景、昭和の旅館。懐かしい。  寅さんの心配性が旅行気分を半減させる。心配性ってほんと困ったものです。だが帰ってくるみんなをご飯作って待っている寅さんがいじらしい。さらに帰ってきたことに嬉しくて泣きそうな寅さんが可愛い。  今作はここが大きなウエートしめたと思う。  お決まりの恋模様は、あっさりしている。  もう最初から恋愛感情がないのがヒロインににじみ出てる。寅さんも薄々感じとるがなかなか思いとどまらない。  いつも気を持たせて勘違いさせるヒロインがほとんどの中、こういうパターンは冒険だったね。観てる方は応援ができない不思議な感覚。  恋愛にて、「お友達でいましょう」という断り方って結構しんどいものだよね。勘違いで失恋するよりキツイ展開だった。  ヒロインがラストシーンで「バカね寅さん」とつぶやいた。その顔を見つめるさくらの表情は、心に刺さる。何言いたいかわかる。

  • shi********

    5.0

    寅さん

    寅さんの歌を聞こえてくる。

  • tos********

    3.0

    いつもに増して、社長が笑えます

     飢饉にあえぐ柴又村にいる盲目のさくらを「国賊の妹」と罵る悪人どもを、兄の寅がやっつけ、村に平和がやってくるという夢。マドンナは、岸恵子、ロケ地は熊本、大分。ゲストは、前田武彦、津川雅彦。寅さんが帰ってきたのに、とらやの面々は九州旅行に行くという。皆が帰ってきた後、親友の妹りつ子と最悪の出会い。  ロケ地にとらやのメンバーが行くという前半と、りつ子との出会いの後半。このころの作品は、前半後半が明確な構成が多いようです。りつ子からはっきりふられる寅さんもまた、切ない。いつもに増して、お土産に喜ぶところなんか社長が笑えます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


渥美清車寅次郎
岸恵子柳りつ子
前田武彦柳文子
松村達雄東竜造
前田吟諏訪博
中村はやと諏訪満男
笠智衆御前様
河原崎国太郎[5代目]りつ子の恩師
葦原邦子りつ子の恩師の夫人
羽生昭彦印刷工
村上猛印刷工
木村賢治印刷工
後藤泰子八百屋さん
門久小百合バスガイド

基本情報


タイトル
男はつらいよ 私の寅さん

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-