ここから本文です

男はつらいよ 私の寅さん (1973)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 7
  • みたログ 279

3.54 / 評価:102件

ほし みっつ

男はつらいよ 12作目  1973年作品

 今回はいつもの前半の帰ってきた寅さんとのいざこざに変化を持たせた。
 おいちゃんおばちゃんとさくら夫婦との九州旅行が大きなイベントであった。

 昭和の風景、昭和の旅館。懐かしい。
 寅さんの心配性が旅行気分を半減させる。心配性ってほんと困ったものです。だが帰ってくるみんなをご飯作って待っている寅さんがいじらしい。さらに帰ってきたことに嬉しくて泣きそうな寅さんが可愛い。

 今作はここが大きなウエートしめたと思う。

 お決まりの恋模様は、あっさりしている。
 もう最初から恋愛感情がないのがヒロインににじみ出てる。寅さんも薄々感じとるがなかなか思いとどまらない。
 いつも気を持たせて勘違いさせるヒロインがほとんどの中、こういうパターンは冒険だったね。観てる方は応援ができない不思議な感覚。


 恋愛にて、「お友達でいましょう」という断り方って結構しんどいものだよね。勘違いで失恋するよりキツイ展開だった。

 ヒロインがラストシーンで「バカね寅さん」とつぶやいた。その顔を見つめるさくらの表情は、心に刺さる。何言いたいかわかる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ