ここから本文です

必殺仕掛人 春雪仕掛針 (1974)

監督
貞永方久
  • みたいムービー 2
  • みたログ 37

3.58 / 評価:12件

テレビより、よりハードに・・・

  • tengu3711 さん
  • 2009年10月23日 12時51分
  • 閲覧数 1132
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画版の「仕掛人」には、秋野太作や野川由美子が出ていないのを、

観てもわかる様に、非常にハードに創られている。

冒頭から、過剰なスプラッター描写だし、女郎の拷問シーンもややハード。

「映画」なんだと意識した製作陣の意気込みが、うかがえる。

ゲストに岩下志麻を迎え、「ゴージャス」感を増している。


チイチイ・・・必殺にも、出てたんですねぇ。

「おれぁ、緒形さんに殺された事もあるんだよ~」と、お会いした時言ってたけど、

この作品の事だったんだぁ・・・すいません、ボケタと、思ってました。


勝四郎役の、夏八木勲が、「頂上作戦」と一緒で、「凶暴」でしたね。

山村總、林与一、緒形拳と、テレビのオリジナル・メンバーが揃ってましたが、

音楽の方が、テレビ版のスコアを使えなかったのか、やや物足りない。

貞永監督は、後に「必殺1」の映画を撮る監督。

キチッとした世界観を持ってるので、脚本安倍徹郎氏と共に、

ファンとしては、安心して観ていられました。


余談ですが、フジテレビの高島彩のお父さん、竜崎勝さんがでてました。

ちょっと、鳩山総理入ってます。

アヤパンは、「お母さん」似だと、ズーッと思ってましたが、

意外と、「眼」なんか、お父さん似だったんですね・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ