ここから本文です

神田川 (1974)

監督
出目昌伸
  • みたいムービー 6
  • みたログ 44

3.65 / 評価:17件

観終えたら、しばらく立ち直れないかも。

  • mal******** さん
  • 2010年11月18日 0時19分
  • 閲覧数 1468
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

「神田川」っていう歌は有名ですが、それを歌っていた”かぐや姫”のことを最近の人たちは知っているんでしょうか?

本作はその歌をモチーフに映画化されたんですが、この当時の日本映画は歌がヒットすると、すぐに(というか強引に)映画化することは当然の流れとしてあったんです。とはいっても、歌詞を忠実に映像化していません。あくまでも歌詞に描かれた時代背景をモチーフにしているだけです。

でも、これがかなりのマイナス波動を放つ映画で、映画を観終えたときの虚脱感はなかなか味わえない経験です。まず草刈正雄演じる主人公の真の兄が、偉そうな説教垂れるわ、挙句の果てには真の恋人みち子(演じる関根恵子が可愛すぎます)が妊娠したと知ると、騙して病院に連れて行って堕胎させる非人間ぶり。加えて、その原因を作った友達2人は罪の意識からか冬の山奥で心中するし、最後はそれを乗り越えて?またやり直そう?と真が何度言ってもみち子は?それは無理?と首を横に振るばかり。そこへ「神田川」が流れ、映画は終わってしまうわけです。

いくら関根恵子が可愛くても、これはきつい映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ