レビュー一覧に戻る
暴力街

ine********

2.0

ネタバレ画作りは先進的なのだが・・

変な映画・・と言うか単純に画作りはこれぞと思う所は多々あるだけの つまらない映画 音楽や映像に目を見張る物は確かにあるんだが どうも五社監督と言う人はストーリーなんかどうでも良いと思う人らしく 70年代ですら相当に古臭い脚本な上に進展が遅い 気付いたらクラブのステージで女性が踊ってるシーンになってる 美しい画ではあるのだが・・ 主演の安藤昇氏も確かに「本物」の迫力や 本人の色気はあるのだが やっぱり俳優としては微妙・・・ 小林旭対夏八木勲&菅原文太とかの方が良い でも夏八木さんは中盤でいなくなり 文太さんは中盤からようやく出て来てすぐいなくなる 脇役の室田さんや小池さんは流石の上手さ 謎の殺し屋コンビ(片方はニューハーフ剃刀使いと言う奇抜さ)とか ワクワクする瞬間もあるのだが 弾ける瞬間がなくダラダラと物語りは続く このニューハーフさんマダム・ジョイと仰るのだが どうもこの作品以外は特にお見かけする事もないみたい 偽名?素人の方?まぁ謎のままで良いでしょう 結局観終わって 踊り子、ニューハーフ殺し屋、ヘッドホン文太(アグネス・チャンの歌聞いてた?) ポルノ流しながら性行為する組長 「関西西日本連合会」と言うクソダサなネーミングセンス などが印象に残りました

閲覧数534