ここから本文です

仁義なき戦い 完結篇 (1974)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 36
  • みたログ 475

3.94 / 評価:152件

20年の抗争の果てに…

  • bakeneko さん
  • 2019年10月2日 15時45分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「仁義なき戦い」シリーズの5作目最終作ですが、描かれた抗争自体は第4作の「頂上作戦」と同じ事象なので、別の角度&関与キャラクターから見た“第二次広島抗争”となっています。
脚本から笠原和夫が降りたことや、前作で演じていた役者と似ても似つかない俳優が同一人物を演じた(千葉真一→宍戸錠、室田日出男→織本順吉)ことから名前で登場人物を覚えておかないと混乱するなど、あまりきちんと着地できなかったシリーズ最終作ですが、何度も転生を繰り返してきた役者さんたちの4~5回目の出演や、シリーズを通して生き残った主人公:広能(菅原文太)、山守組長(金子信雄)、槙原組長(田中邦衛)らに愛着を感じてくるシリーズで、本作のみ出演の天津敏、桜木健一、野川由美子らも好演しています。
「代理戦争」―カルピス
「頂上作戦」―バヤリースオレンジ
と続いた清涼飲料スポンサーはとうとうコカ・コーラが参与していて、劇中で混ぜ物が入っているというー恐れ知らずの使われ方をされています。
一応原作を基にしたシリーズは本作で終了しますが、これほどのドル箱を東映が手放すはずもなく、すぐ同じ年に作られた「新 仁義なき戦い」など6作を始めとして延々と新展開&スピンオフが作られていますので、お馴染みの音楽&殺害現場でのテロップの元ネタシリーズを一度は完走鑑賞してみてはいかかでしょう?

ねたばれ?
1、水中銃には安全装置があるんだけれど…
2、コーラに薬を入れるとものすごく発泡するぞ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ