ここから本文です

仁義なき戦い 完結篇 (1974)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 36
  • みたログ 476

3.94 / 評価:152件

ほし よっつ

シリーズ第5作目。完結編。

「わしらの時代は終わった」
広能(菅原文太)と武田(小林旭)が天政会の三代目襲名式の場所で語り合う。
広能はこの時は納得はしてないが、もう自分たち中心に物事は回らず昔の若いものたちが第一線を走る様子に諦めに近い感情が浮き出てる。哀愁漂うシーンだ。

のちに決心する広能。映像では若い命が消えていく姿を見て虚しさを表現している。
今回の完結編は、抗争や組織の完結編ではなく。原作執筆をした広能(美能氏)の完結編なのだ。映像の中の描写でも広能が原稿用紙に抗争の経験談を書いている様子が映し出されている。

原作者が恨みで書いたという内容の人物の山守組長は少しの出演ではあったが、相変わらずの狡猾な立ち回りを見せて存在感はあった。実際のこの人物は死ぬまで裏での影響力を持っていたらしい、映画としては最強の敵みたいな存在だった。


物語の大筋は主人公の広能が刑務所に入っている間の広島抗争と出所してからの広能の影響力。形を変えて生き延びようとするヤク○組織の実態と跡目争い。

年寄りは退く。だが立場は重いしかし表には出ない。
そして終わらない組織の抗争。

原作者の現場から見た抗争の実態、主人公はたしかにいるが抗争全体を表現する内容。一見ドキュメンタリー作品。そこを娯楽と融合させて見せてくれた脚本家と監督の力量は見事でしたね。

怖いもの見たさ。見てはいけない世界の興味深さ。任侠の派手さ渋さ。当人が参加していたという現実感。際立っていました。



令和になって今更ながら観た作品。
続編もあるが第一次シリーズ5作、大団円だったと思います。ただひとつ一度死ぬ役だった俳優がシリーズ中に別役で出てくるので観ている方は混乱してしまいます。

昭和を代表する俳優たちの熱演。脇を固める俳優たちも素晴らしかったですね。昭和の俳優って個性とオーラが抜群だよね。今の時代には見なくなった。

新仁義なき戦いも期待である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ