ここから本文です

男はつらいよ 寅次郎子守唄 (1974)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 3
  • みたログ 237

3.55 / 評価:75件

二枚目寅さん

  • 金田智一郎 さん
  • 2016年11月14日 20時31分
  • 閲覧数 523
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

こんなにハマるとは思わなかった、男はつらいよシリーズ。

1週間に1本のペースで見ているので
ようやく14作品目です。

13作品目が吉永小百合さんに豪快にフラれる(笑)という
終わり方をしたので、本作品はどんな恋の展開かな~と思ったら、
間接的にフラれるという新たな切り口?で
なんとも言えないさみしい終わり方でした。

個人的には割と好きなタイプの終わり方です。
この14作品目はかなり気に入りました。

本作品を見て、少々気になった所を。
・冒頭、いつもの主題歌で始まるわけですが、
後半に歌パートを休止し、演奏だけの所があります。
マンネリを防ぐためか、はたまた、
背景に流れる日本の美しい自然風景を強調するためか?

個人的お気に入りシーン
・マドンナに会いたくて会いたくて、
でも素直になれない寅さんが病院に嫌々行くといった後、
タコ社長から「ごゆっくり!」と言われ
豪快にキレる寅さん(笑)

・ラストでひげのお兄さんから
「自分は寅さんみたいに二枚目じゃないので」と言われ、
それを聞いた、寅さんのまんざらでもない、ニヤニヤした顔。

・他のレビューアーも言われているように
おばちゃんの健気な振る舞い。
ヒロシさんの事故をオロオロと心配する姿や
寅さんが連れてきた赤ちゃんがいなくなった後の、
なんともさみしそうな姿には、思わずジーンときました。

マンネリ映画の代表だと思っていた「男はつらいよシリーズ」ですが、
なかなかどうして、寅さんはもちろん、
脇を固める登場人物の新たな魅力を発見でき、
また次回作を見ようという気持ちにさせてくれます。

果たしてどこまで飽きずに見れるかな~

別枠評価
マドンナへの熱量★★★☆☆
タコ社長とのバトル★★★★☆
旅立ちの潔さ★★★★★

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がピッタリとハマるラストシーンには、
思わず拍手喝采なのでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ