櫛の火
3.0

/ 3

0%
67%
0%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)

悲しい12.5%かっこいい12.5%セクシー12.5%不気味12.5%不思議12.5%

  • mnk********

    4.0

    高橋洋子映画祭にて。

    高橋洋子映画祭シネマノヴェチェントにて鑑賞。 主演草刈正雄さんがデビューされ昭和50年代は、 こんなハンサムな人が居るのか!と驚かされっぱなしで あったのが正直なところ。 僕はまだ十代がはじまったばかりで彼の映画を観るように なったのは、かなり後の事。 本作を挟んで若大将シリーズがあるようだが東宝としては 加山雄三さんの後草刈正雄さんでシリーズを考えたよう だが思うようには行かなかった様子。 本作は挑戦作、ですね。 白ブリーフの草刈さんが眩しくてクラクラしました。 桃井かおりさんとジャネット八田さんの気に触れてしまう 罪作りなM男をしゃあしゃあと演じています。 驚いたのはジャネット八田さんの美しさ。 妖艶で綺麗でフェロモンにいやらしさがないのにエロい。 神代辰巳監督の作品は多く観ています。 このみの監督ではありませんが昭和の邦画を語る上では 重要な監督だと、昔多くの方に叱られたので観るように 務めました。 名画座にも通いました。 日活映画の作風はしみったれてブーイングする度、 僕は日本映画を分からない人物と映画サークルでは言わ れたものです。 なんと言われようと神代作品はしみったれです。 でも、ジャネット八田さんは魅力的でした。 自分で乳首を遊んだり、草刈正雄の頬をつねり、指を 引っ掻き、足に足の爪を擦ったり。 岸田森さんとの絡みは彼の顎にキスをしたりとなかなかの 情感。 これは神代さんの演出力ではなく、彼女の演技によるもの なのではないだろうか。 監督作を多く観ているが、そう思えてならない。 それは偉大なる発見でありました。 ジャネット八田さん様々です。 さて、お目当ては高橋洋子さんです。 高橋洋子の出演映画だと楽しみにしていても一向にして 登場せず、やっと出て来ても2シーンのみ。 残念。 音楽が甘くせつなく感傷的で、神代作品的ではないと酔い しれていたら音楽は林哲司。 素晴らしい。 退色ないフィルム上映はありがたかったです。 DVD化されておらず貴重な上映でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
櫛の火

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル